修繕工事でも、建物の寿命が長くなるように施工することが重要

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです♧

今日は、
思いがけず
カラッと晴れたね!

この時期、
工事の予定を
立てるのは難しい(^O^)

コメントを
いただいたので、昨日の続きを!

シロアリが
入られてしまってたけど、
それほど柱の強度が完全に
亡くなるほどのダメージではなかったよ。

大変なことのなる前に
ぎりぎり間にあたって感じヽ(^o^;)ノ

シロアリの被害が
あった箇所を念のために
大きく口を開けて確認するとになったけどね!

僕の住まいの無料相談に
別件の相談で来店されて、
持ってこらてた図面を見てて、
問題があることに気づいた(T.T)

もともと建てた会社が
頼りないからと相談に来られて
見つけてあげられてよかったなと!

図面で
雨の侵入を心配した。

シロアリまで
入られてるとは思わなかったけどね!

手のほどこしようがなくなる前に
処理ができて良かったかなってね(^-^;…

人間の体で言ったら
早期がんを発見して、
手術が成功ってとこかな(^.^)

切り取ったところも
機能的に完全に復旧させた。

復旧したところには、
湿気を調整する透湿防水シートを
施工して、



外壁材との間に空気が流れる
空気層も確保した。

空気が流れる層の上に
モルタルで外壁下地を仕上げた。

夏場の湿度が高い
濃尾平野だから当然だけどね(^_^)

湿度のない
北海道とかならば、
ここまで気を使わなくても
大丈夫かもしれないけどね(o^o^o)

世の中に
建築の知識的な情報が
あふれているけど!

気を付けなくてはいけないのは、
建てる場所の気候によって、
最善の方法が違ってくる。

僕は、
一宮の気候に合わせて
最善の材料と最善の施工方法を
選択し、提案している(^▽^)

それが、
プロってもんだと思うんだけどね!


仕上げを
してくれているのは、
40年間
いわいハウジングの左官仕事を
すべて受けもってくれているこの人\(^o^)/

この人の
親方の時代から、40年超えたって!

僕は、
40年もやってないんだけどね

それでもね!大変な工事や
思い出深い工事もあったなって

コンクリートが
固まる時間で都合で

仕上作業が
真夜中になるってことで

以前は、
夜中に飲み物をもって
行ったことも多かったな(^-^)

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です