万が一の備えて、何重にも対策をしておくのが良い家の条件

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです♧

昨日までの
梅雨の晴れ間とは、違って
湿気の高い天候に戻ってしまったね!

雨が多いと
心配になってくるのが雨漏り

当然ながら、
心配な人は、梅雨までに
ご相談があるので
対応済みだと思うけどね!

雨漏りは
建物の木材を
腐らせるだけではなく
シロアリも呼び込んでしまう。

先日紹介した家も
雨漏りだけでなくって
シロアリが入ってしまっていた。

それは、
シロアリ
湿った木材を好む
という習性を持っているから

雨漏りで木材が
濡れたり湿ったりすると、
そこにシロアリが集まってくる

だから、
雨漏りをさせてはいけないんだけど
もし、雨が入り込んだ時に
直ぐに木材を濡らしてしまわないような
対策もしている(o^-^o)

それが
外壁の被膜を
突破されたときの備えは
しているのがよい住まいの条件

だから、
シロアリに
入られてしまった
家でも、問題のある外壁をめくって

外壁材の下に
シートを設置して、
万が一に備えた対策をした。

今回は、
部分的なんだけど
透湿防水シートを張って
万が一に備えた(⌒‐⌒)

うちで使っている
透湿防水シートは、他社とは違って

外からの湿気を
あまり入れないような仕組みに
なっている特殊なシート!

湿気の多い濃尾平野では、
このような対策も欠かせない(^O^)

壁の中の
湿気をコントロールして
シロアリの被害からも
免れる工夫をしている(^〇^)

まずは、
外壁の塗装皮膜で雨の侵入を防ぐ

次に
侵入されてしまった時に備えて
透湿防水シートで壁の中までは
侵入させないようにする。

そして、
壁の中の湿気を
調整するシートの使用で
壁内の湿度を高くしない工夫(^人^)

ここまですれば、
壁内の湿気を抑えられると思う!

湿気は、
木が腐るし、
シロアリを呼ぶし、
断熱性能も落ちるし、
何も良いことはないから
対策は万全に

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です