人の活動量は、住まいの室温が関係している

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

 

先日、
法政大学 川久保教授のセミナー
「健康・快適な住環境デザイン」
に参加してきた。

高性能住宅に
取り組んでいる人に
多くの人脈を持っている
島敬雄さんに誘われていってきた。

島さんが
主催者の責任者だったから、
旧知の人も多く来ていたけどね!

 

川久保教授は、
国土交通省の
スマートウェルネス事業で
お世話になっている
慶應義塾大学の
伊香賀教授の門下生

だから、
かぶる話も多いんだけどね!

皆さん、気づいてて
気くづかないふりしてるだけ
かもしれないけど。

 

寒いところで生活していると
多くの健康被害が起きている。

ご家族にも
健康被害が
起きてい無いだろうか!

断熱改修によって
居間の室温が上昇すると
病気が改善することがわかってきた。

 

住宅の性能が高いほど
一日の温度変化が
少ないことが分かる
というデーターの説明もあった。

 

このデーターは、
僕自身が、測定して
いつだったか、このブログで
紹介したのと同じ結果になっている。

 

断熱性能が高いと無暖房状態で
一日の温度変化が少ないから
からだへの負担が少ない。

 

室内が寒いと
体を動かすのが億劫になる。

室内での活動量は、
住宅の室温に関係している。

人の活動量を減らす原因は、
暑さより寒さにある。

だから、
健康に暮らすためには
住宅の断熱性を
高める必要がある。

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です