七十二候「魚上氷」春を先取りする住まいが家族を元気にする

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

 

今日、2月14日からは、
七十二候では
魚上氷
(うおこおりをいずる)

早いもので
2月4日から始まった
二十四節気「立春」の末候になる

氷の下に
閉じ込められていた魚たちも
動き始め、
勢いよく跳びはねだすという意味。

 

寒暖の気候が
入れ替わりが激しい時期!

「三寒四温」と
いう言葉のとおり、
寒かったり、
暖かかったりを繰り返し、
これからの本格的な春が
訪れようとしている。

 

 

現実は、
まだまだ寒くて、
春を感じられない人も
多いことだろうね!

 

春が
他のおうちよりも
早く訪れる住まいだったら
どうだろうか?

 

そんな住まいならば、

氷の下で
縮こまっていた魚たちが
躍り出るように

春になったら○○へ行きたいな!
とか、

春になったら○○を始めたい!
など、

そんなことが
自然に頭に浮かび、
心も次第に浮き立ってくる

誰もがそんな気持ちへと
誘われるだろうね

 

 

外の風の冷たさを
感じても

太陽は、力を増して
日の当たるところでは
春の暖かさを感じる季節♪

 

そんな太陽のエネルギーを
活用して、
住まいの中で
早く春を実現させるのが、
お薦めしている「びおソーラー」

 

太陽熱で
暖められた空気を
室内に取り込んで
熱を蓄えることで

春を
早く感じる住まいになる

 

氷の下の水がぬるんで
魚が元気になるように

あなたの住まいに
早い春をもたらす。

ご家族が
元気な期間がながければ、
多くの幸運を
招いて機会が増えるのでは\(^-^)/

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です