花粉が入ってこないように、家にもマスクをする方法

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

今朝は、
朝7時半から始まる名駅での
朝会から一日が始まりました。

 

春を感じるような陽気でした!

 

会場のホテルでは、
毎年恒例のひな飾りが (^-^)

 

春の陽気を感じて
気になったのは、花粉症!

 

街では、
マスクをしている人が多いです。

 

電車の中で
連続して、くしゃみをして
苦しそうにしている青年がいました。

 

私も、
ヒノキ花粉に反応するので

他人事ではありません(^_^;…

 

花粉症は、
気管支ぜんそくや
アナキラフィーショックと共に
Ⅰ型の即時性アレルギーに
分類されます。

 

発症メカニズムとしては、

体内に入った
アレルギー発症物質アレルゲンにより、

lgE抗体がつくられ、肥満細胞に付着する。

再度、体内に入ったアレルゲンが抗体と結合して、

脂肪細胞が、ヒスタミンを放出する。

 

このヒスタミンが、
鼻水、鼻詰まり、くしゃみを引き起こす。

 

これが、アレルギー症状です。

 

体内に
アレルギー発生物質アレルゲンを
入れないのが一番です。

 

だから、
マスクが有効なのです \(^.^)/

 

だけど、家に帰ってまで
マスクしているのは、
つらいですよね!

 

まして、寝ているときなんて!

 

そのためには、
家にもマスクをするのが有効です。

 

つまり、
花粉を取り除いた空気だけが
家に入ってくるようにするのです。

 

人が暮らしていると
人の呼吸や洗剤、防虫剤などで
室内の空気は汚れます。

だから、
きれいな空気を
室内に供給する必要があります。

 

換気しようと
窓を開けると花粉などの
汚れた空気も入ってきます。

そこで登場するのが、
換気扇です。

 

空気の取り入れ口には、
花粉PM2.5を取り除く
フィルター付きのものを使います。

 

フィルターを
通したきれいな空気だけを

家の中に
取り込むこめればよい
のですが,,,

 

すき間の多い家だと
換気扇を回しても大半は、

家のすき間から入ったきた
汚れた空気で

花粉が取り除かれた
きれいな空気ではありません。

 

花粉を取り除いたきれいな空気を
家の中に取り込みたい場合のは、

すき間の少ない家が必要になります。

 

すき間のない家のことを
高気密住宅と言います。
気密性能を表す
すき間相当面積(C値)が
最低でも2.0以下の性能が必要と

換気扇メーカーは、言っています。

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。