ゼロエネルギーハウス(ZEH)を目的にするのは、反対です。

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

 

ゼロエネルギーハウス(ZEH)のことは、
何度もお伝えしてきました。

 

永年、
省エネ・健康住宅に取り組んできた私が
ZEH反対というのに
違和感を感じる方もあると思います。

 

確かに
ゼロエネルギーハウスZEHも
つくってきました。

 

それは、結果的に
ゼロエネルギーハウスZEHに
なってただけで

ZEHを
目的にしてきたわけでは
ありません。

 

 

 

そもそも、住宅は、
地域の気候風土に根ざして、
住まい手の暮らしを
中心に設計されるべきものです。

 

機械や電気設備に依存しないで
快適な暮らしを成立させるのが、

われわれの使命では
ないかと考えています。

 

例えば、
昨日も登場したこの家!

 

写真でご覧いただいている
この土間の温度を測定すると

2月初旬の頃の朝でも
19℃です。

 

日中、
お日さまの熱が蓄えられて、

夜に
ポカポカと部屋を暖め!

朝になっても
まだ、温かい (^o^)

 

夏は、お日さまの熱を
取り込まないので
年中同じような温度です。

 

この家は、
HEAT20 G2基準という
断熱性能規格で作られています。

 

気密性能を表す
すき間相当面積 C値は、
0.15
です。

 

その上で、
建築地の気候風土を考えて、
設計するから、

自然エネルギーである
お日さまの熱だけで、

年中快適な住環境を
作り出しています。

 

この家の屋根にも
太陽光発電が載り、

計算上は、
ゼロエネルギーハウス以上に
地球に貢献しています。

 

太陽光発電が
載ってても載っていなくても
快適な住空間を提供する家です。

 

100年間は、
快適に暮らしていただく家づくりを
しています。

 

しかし、太陽光発電は、
100年間使い続けられるでしょうか?

 

太陽光発電がなくなったときに
価値が無くなる家では、

ダメだと考えています。

 

国が、
ゼロエネルギーハウスの普及
目指しているのは、
エネルギー政策のためです。

 

そして、
二酸化炭素削減の
世界的な要請のためです

 

もちろん、
それらは、大切なことです。

 

 

賢いあなたには、
省エネ健康住宅を
目指していただきたい。

 

少ないエネルギーで
快適に暮らせる
省エネ住宅は、

ご家族の健康的にも
貢献することが
国の調査で
立証されてきました。

 

あえて、
ゼロエネルギーハウスにしなくても

省エネ・健康住宅は、
これから100年間にわたって、

少ないエネルギーで、
二酸化炭素をあまり出さずに
快適に暮らすことができます。

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。