「数年で時代に合わなくなる家」と「ずっと先の暮らしも考えた家」

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤

一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士

住まいる設計士 いわくにです🎵

 

 

先日、NHKの朝ドラを見てたら!

 

仕事の前にBSで7時半から見て、

気になることがあると

昼休みに12時45分から見てます。

マニアかも(^o^)

 

とと姉ちゃん」は、終戦後、

女のひとたちが幸せな暮らしを実現する

ための雑誌を創刊した女性の物語です。

 

この雑誌の人気記事は、商品試験です。

 

大手新聞社と試験されるメーカーから

公正な試験がされているのかという

問題提起されて、洗濯機の公開試験が...

wp-1474158446272.jpeg

 

問題点をいろいろと指摘されて、

評価の低かったアカバネ電機製造の

社長が怒って言いました。

安く作るための努力が

分からんのか」って

 

それに対して、編集長が、

いくら安くても

ゴミになるようなものを

売りつけられたら、

たまったもんじゃない」って!

 

例え、1割安くても

半分の年数しか持たなかったら、

逆に高い買い物なってしまいます。

 

洗濯機なら、数年で買い替えるので

選択を間違えても諦めは尽きますが、

住宅は、間違えると孫の代まで

100年間の暮らしが違ってくるので

責任重大だなって、

つくづく思います。

 

そのうえ、住宅は、

ご家族の健康にも影響してくる

ので責任重大(^-^)

 

あなたが、

吸っている空気の半分以上は、

ご自宅の空気です。

 

アレルギーを引き起こす

カビ・ダニ・化学物質の

アレルゲンを吸い込んだ量が

健康に影響すると言われています。

 

日本人は、半世紀ほど前に

冷暖房器具を手に入れて、

それでよくなった部分もあるけど、

冷暖房のない時代に基本設計された

住宅に住み続けて、

冷暖房のない時代の仕様で未だに

住宅をつくり続けてる業者がいる。

 

これから、エネルギーコストは上がり、

二酸化炭素削減も厳しくなり、

住宅が原因の病気が増える。

 

今、分かっている問題さえも

考えられていない住宅では、

100年使い続けることは、

できないと思う。

 

住宅を手に入れる目的は、

暮らしを豊かに

してくれることですよね!

 

先ほどのドラマの中で

最後にヒロインがアカバネに向かって

主婦は、家族の暮らしを

豊かにしてくれると思うから

大切な生活費の中から

大金を出して、購入するんです。

あなたは、その主婦の気持ちに

こたえているんですか

ってね!

 

わたしは、

木が香る健康省エネ住宅で

その想いに応えています。

 

 

住む人と家が健康でいられる住まい

ご興味があれば

住まいについて相談したいのですが…

とお電話ください。

ほぼ毎日、無料相談会を開催します。

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ
にほんブログ村
2030年基準の断熱性と

新鮮な空気が流れる

計画換気を備えた

耐震木構造の木の家

「木ごこちホーム」が

国から200万円の補助金を

いただけることになりました。

本物の健康省エネ住宅で創って、

ご家族と健康的に暮らしたい方を

モニターとして募集しています。

健康省エネ住宅とは