住宅完成保証 全棟対応宣言!

いわいハウジングでは、新築住宅の契約に際し、住宅あんしん保証の住宅完成保証の成立後に工事着手金をいただくようにしています。
住まいづくりをされるお客様に思い出に残る住まいづくりをしていただきたい。
だから、大きな買い物のご不安は少しでも取り除きたいと考えています。

住宅完成保証制度とは

マイホーム完成前に万一建築会社が倒産してしまったら……。

通常、住宅を建築中に建築会社が倒産すると、債権者の話し合いが決着するまで長期に渡って工事の再開は難しいでしょう。また、着工金もまず戻ってこないでしょうし、戻ってきてもごくわずかでしょう。住宅あんしん保証の住宅完成保証制度はこうした事態に備えて、万が一の損害を最小限に抑え、マイホームを完成させる制度です。

円滑に工事が再開できます。
こんな事態が発生した場合、建築中の住宅の所有権は住宅あんしん保証に移転される契約になっていますので、早期の工事再開が可能となります。

引き継ぐ建設会社もご紹介します。工事を引継ぐ建築会社も、住宅あんしん保証が責任をもってご紹介し、工事の再開を進めます。(役務保証)

引き継ぎによる工事費用の増額分も保証例えば「2,000万円の工事費の内、1,000万円を支 払い済なのに、工事は40%(800万円)しか進んでおらず、200万円の過払い、かつ引継ぎ工事代金も100万円かかり、完成までに300万円の追加費 用がかかってしまう。」これは、引継ぎ工事によくあるケースです。住宅あんしん保証の住宅完成保証制度なら、過払い工事代金200万円と追加費用の増額分100万円も保証されます。 (保証限度額は、請負金額の30%、または1,100万円のいずれか低い方)

 マイホームの完成・お引渡しまでを保証します。

 住宅あんしん保証の「住宅完成保証制度」は、お施主様が”あんしん”して住宅建築を依頼できる、健全経営の優良工務店・ビルダーだけが提供できるサービスです。

住宅あんしん保証の住宅完成保証制度利用登録工務店・ビルダーが「あんしん」な理由

「住宅完成保証制度」は優れた技術と共に、経営状態など厳しい審査基準をクリアした登録事業者だけがご利用できます。住宅完成保証制度は住宅あんしん保証の住宅完成保証制度の登録事業者だけがお施主様に提供できる制度です。 登録には建設業法による建築工事業の認可などの基本的な資格とともに、過去3年間の決算報告書の提出による経営内容のチェックをはじめ、きびしい審査基準をクリアしなければなりません。
※登録後も経営状態などが定期的に審査されます。

工事保険等への加入も義務化されています。

工事中のあらゆる事故に対する工事保険(各種損害保険)への加入が義務付けられ、お施主様の財産となる建築中の建物への「安全・安心・信頼」のご提供に積極的に努めています。

つまり、住宅あんしん保証の住宅完成保証制度利用登録事業者は
良質な住宅をお届けできる高い技術を持った健全経営の工務店・ビルダーなのです。