住まいる考66 森の中から生まれた人間は、木に囲まれて暮らしたい。

前回は、森林の違法伐採を取り上げました。大切な問題ではあるのですけど。
爽やかで心地良い季節になりました。大型連休で自然を満喫された方も多いと思います。
そこで今回は、森と人間についてです。

昔から木々の緑を眺めていると心も体も休まるといわれてきましたが、森の中で脳からα波が出ることで証明されました。
森林浴では、樹木が発散するフィトンチッドと呼ばれる物質が好作用をもたらし、ストレスの解消や睡眠効果があることも分かっています。

私が、木の良さを分かっていただくためにお誘いする自然林にも、森林浴の効果が書かれた看板があります。
読まれた方もあるのではないでしょうか。
森が、このような効果をもたらすのも、人間が森の中から生まれた動物だからでしょう。

木の存在も人間にとって欠かせないものです。
木造校舎で学ぶ子供は、集中力が高いことが証明されています。
そして、皆さんも視界に入る木にとても影響を受けています。
実は、その効果を生かすように住宅の設計をしているのです。

次回も生活の中での木との関わりについてです