視線を気にせずに窓からの景色を楽しむ秘訣

こころとからだが喜ぶ暮らしを
住まいる先生 いわくにです

ここのところ
設計している住まいの
現地調査に行ってきた。

何を
しているかというと
隣地の木々を有効に
活用させていただくための
窓の高さの確認 o(^o^)o

こういう場合
逆に隣地からの
視線も気になるよね!

どうすれば
よいかというと

それは、
状況に合わせて
窓の高さや大きさを
変えること (o^v^o)

一般的には
窓の上端を床から
2mにそろえる (^o^)

なぜかというと
高さ2mのドアを
使うのが一般的なので
窓とドアの上が揃って!

部屋を
見渡した時に
きれいに見えるから (^O^)

でも、
隣地からの視線が
気になる場合には、

部屋から見て
天井いっぱいから
人の目線までの高さで
窓を設けてやる

透明ガラスで
あっても外を歩く人からは、
天井しか見えないことになる。

これは、
隣家の2階の窓から
見下ろされる場合には、
また違ってくるんだけどね!

だから、
設計の初期段階で
現地調査が必要になる。

せっかくなら
高窓や天窓を設けて
隣地からの視線を気にせず、

採光や景色を
楽しんで欲しいからね(^-^)

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です