家の中で4割が発生している熱中症、暑さ指数を参考に対策を!

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです♧

今朝は、雨が降り出す前に
真清田神社まで5kmほど歩いてきた。

それにしても暑いよね!

暑いというよりも蒸し暑いo(・_・θ

これを書いているのは
夕方なんだけど、
冷房を入れていない
部屋の温度と湿度は、こんな感じ!

温度は、ほぼ30℃
相対湿度は、ほぼ70%

暑さ指数(WBGT)というの知ってる

熱中症予防を
目的としたもので、
以下の3つを取り入れた指標のこと!

・気温
・湿度
・輻射(ふくしゃ)熱

この3つは、
人体の熱収支に与える影響が大きい

日本では
平成18年から
環境省が情報提供してくれている。

熱中症の危険度を
以下の5段階で分類されている

・ほぼ安全 参考気温24℃未満、暑さ指数21℃未満
・注 意  参考気温24~28℃、暑さ指数21~25℃
・警 戒  参考気温28~31℃、暑さ指数25~28℃
・厳重警戒 参考気温31~35℃、暑さ指数28~31℃
・危 険  参考気温35℃以上、暑さ指数31℃以上

それぞれの地域の指数は、
以下の
熱中症予防情報サイトで
みられるから確認してみて
http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt_data.php

熱中症の4割は
家の中で発生している。

天気予報だけではなくて、
暑さ指数も参考に計画を立ててね!

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です