断熱リフォームで起床時の⾎圧が低下した

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

 

先日からお伝えしているとおり、
当社は
あいち健康省エネ住宅推進協議会と
(⼀社)健康・省エネ住宅を推進する国⺠会議の
会員企業

これらの会は、
国土交通省の
スマートウェルネス住宅等推進事業
に参画して

住宅の断熱化が
居住者の健康に与える影響を
検証する調査を
2014年から実施している。

1月25日に調査の
第2回中間報告概要が
発表された。

 

その中の情報として、

断熱改修後に
起床時の⾎圧が
低下するというデータが
得られつつある。

断熱改修前と改修後に
同じ人の血圧データを比較したら、
断熱改修後に起床時の⾎圧が
低下していたことが確認された。

 

 

 

年齢、性別、⽣活習慣の影響を
調整した上で、
断熱改修後に起床時の⾎圧が
2.8mmHg低下していた

 

断熱改修を伴う
リフォームをして、
起床時の居間室温が
平均2.5℃暖かくなった。

その場合には、
起床時収縮期⾎圧が
2.8mmHg低下する。

 

その内訳は、
断熱改修にともなう
⾎圧低下が1.9mmHg

居間室温上昇量に応じた
加算効果が0.9mmHg
(0.37mmHg/℃×平均2.5℃)の
上昇とされている。

 

どちらにしても
断熱改修に伴うリフォームを
施工することで
室温が上がることと

住んでいる人の
血圧が下がることが
確認できた。

 

60歳以上で高血圧の人は
脳卒中死、心筋梗塞死とも
正常血圧者に比べて死亡率が
高いとされているので、

住まいの改修によって、
血圧を下げることができるという
データーが確認できれば、

日本人に
あたたかな住まいが
必要なことが証明される。

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です