神様に願う前に自然を大切にした暮らしを

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

今日も寒かったですね!

 

いつも行ってる
大神神社の例大祭に誘われたので
参加してきました。

いっぱい着込んでいます。

 

写真はここまで!

年に数回しか開かない
御扉が開く日です。

 

多くの人が、ごく普通に
初詣は行くと思うんだけど、

 

神道って何?
神社って何?
って、感じなんではないだろうか

 

私は、幸運なことに
「宗教」という授業が
ある高校にいったので、

普通の人より
若干ながら、宗教については、
知識がある(*^^*)

 

神道は、
山や川などの自然自然現象自然を
崇める慣わしから生まれ、
礼拝も、聖典も、創造主もない。

 

元々は、自然の恵みに感謝し、
天変地異のおきないことを
願ったものだと思う !

だとしたら、
神社に参拝して、
願い事をする私たちは、
自然をまもる努力をしなくては
いけないんだと思う!

 

誰もが、
普段の生活の中で
自然をはかしながら生きてるとは
感じていない。

 

しかし、
現代の日本人の普通の生活は、
地球環境に負担をかけている。

 

寒いから暖房をかける。

その快適な生活になれてしまって、
気づいていないかもしれないけど、

地球上の二酸化炭素は、
増え続けている (>o<)

 

便利な生活に
慣れてしまった私たちが、
その生活を手放すことは
できないと思う

 

だから、
地球への負担が少なくても
快適に暮らせる住まいを
提供したいと
いわいハウジングは取り組んでる。