木の温もりがある暮らしは、地球環境に貢献することを知っていますか?

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

 

氏神様の
真清田神社御旅所に
焚き木を奉納してきました。

 

裁判所の向かい側です。

 

今年は、工事のため、
仮囲いがいっぱいしてあります。

 

お正月までに仮囲いは
無くなるのでしょうか?

 

 

いわいハウジングでは、
毎年、年末になると

奉納してきました。

 

我が社の年末の行事 (^-^)

 

年越しの焚火と
新年15日の左義長用で
使われる焚き木です。

 

以前は、社内で
新築住宅の柱や梁の加工を
していました。

窓枠やドア枠の材料も
天然木で加工していました。
専門工場や既製品の
使用が多くなって、
社内で天然木を
加工することが
めっきり減りました。

 

焚き木になるようなものが
減ってしまいました。

 

なので、
奉納する焚き木を
随分前から計画的に
ためています。

 

神社で使うものなので
何でも良いって訳では
ありませんしね。

 

 

時代と共に
いろいろと変わりますね。

 

昔は、
家庭内のエネルギーの主役は
木でした。

 

炊事やお風呂、暖房に
木を燃やしていました。

 

 

産業革命以降、
石炭や石油などの化石燃料を
燃やすようになって、

 

大気中の二酸化炭素濃度は、
高くなり続けています。

 

近年では、
二酸化炭素濃度の高さが
異常気象の原因
言われるようになりました。

 

 

木は、育つ過程で
大気中の二酸化炭素を吸収します。

 

あなたが、木造の家に住み続けたり、

天然木を内装やテーブルとして使えば、
その分だけ二酸化炭素を
減らすことができます。

 

そして、使った分だけ、
木を育てることで
二酸化炭素はさらに減らせます。

 

あなたが、
木の温もりに
包まれた暮らしをすることは、
地球環境への貢献でもあるのです。

 

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。