ご家族の幸せを願って、健康的な住まいを普及させる活動をしています。

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

愛知医大病院に行ってきました。

去年できた、きれいな病院です。

建物のうえに
載っかているのは、ヘリポート!

ヘリポートも
備えられた最先端の病院です。

 

悪い頭を診てもらいに
行ったのかって (^.^;…

 

愛知医大の柴田教授に
年末のご挨拶と
スマートウェルネス住宅事業の
今後を展開を!

 

国土交通省
スマートウェルネス住宅等
推進モデル事業に
取り組んでおられる
先生方を代表して、

柴田教授が学会で
発表されるということで
健康住宅の資料を頼まれました。

 

そんな訳で、
あいち健康住宅協議会の
事務局の人と
愛知医大へ行ってきました。

 

国土交通省
スマートウェルネス住宅等
推進モデル事業(特定部門)とは、

住宅関係者が
医療や福祉関係者等との
連携による推進体制のもと、
既存住宅の改修工事、
及び改修工事前後の
居住者の健康状況の変化等に
関する調査への連携・協力などにより、
高齢者等の健康の維持・増進に
資する住宅の普及を図るための事業を行う

 

住んでる環境と健康状態の
調査をおこない、

断熱改修によって、
健康状態に変化があったのか
調査する事業です。

 

簡単に言うと

省エネ住宅は、
健康住宅であるということを
検証するための事業です。

 

 

愛知県は、
愛知医大の柴田教授が
中心となって調査をしています。

 

健康調査で違いが出るぐらいまで
住宅の断熱改修をするのが、

僕の役目です。

 

愛知県内でも
断熱設計が出来て、
施工がちゃんとできる工務店は
多くはありません。

 

この事業も今年で3年目!

愛知県で
最初に審査が通ったのが、
僕が提案した物件でした。

 

それもあって、

市民向けの講座で
柴田教授や
慶応大学の伊香賀教授と
ともに登壇させていただいたり

この事業の
愛知県の窓口になっている
あいち健康省エネ協議会の総会で
話させていただいたりしています。

 

市民向けの講座や総会で
使った資料を
活用していただけそうなので
嬉しいです。

 

住宅の断熱性能アップは、
光熱費を削減する
省エネ化だけでなく、

健康面でのメリットも
いっぱいです。

 

お風呂で
亡くなる人を無くし、

高齢者がいつまでも元気に
活躍できる住まいを
普及させるのが

僕の願いです。

 

アトピーや
アレルギー疾患にも良いです。

 

日本の住宅の95%は、
そのレベルにはありません。

多くに人に
分かってもらうのに
年々かかるのかな (^O^;…

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。