なぜ差が生まれるのか、 分かりますか?

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

断熱改修リフォーム工事の
現場に行ってきました。

 

分かりにくいですけど、
引き戸を挟んで
手前と向こうの床の写真です。

手前側は、工事中で
仕上の床材が、貼られていません。

 

サーモグラフィー
(赤外線カメラ)で撮ると
こんな感じです。

 

手前側と向こう側で
床の温度が3℃ほど違います。

手前側の床の温度は、
ほぼ、室温です。

 

向こう側の床は、
室温とはかけ離れた温度です。

 

なぜ差が生まれるのか、
分かりますか?

 

もちろん、
暖房なんて入れていません。

 

床に断熱材が入っているか、
どうかでこれだけ差が出ます。

 

暖房がなくても過ごせる室温で
この差です。

 

気温が下がると
もっと大きな差になります。

 

 

断熱性能は、
快適性に大きな差をうみます。

 

室温と部屋表面温度に
差がない空間は、
とても心地よいですよ。

 

断熱改修をされた方は、
やってよかったと言われます。

 

明らかな違いを感じる。
って (^-^)

 

我慢してないで、
心地よく暮らせる空間に
されてはいかがでしょうか?

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。