資産価値を 上げるリフォームと 下げるリフォーム

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

 

テレビの番組表で
気になったので見ました。

 

資産価値を
上げるリフォームと
下げるリフォーム

 

不動産コンサルタントの
長嶋修さんが、解説をされてた。

 

長嶋修さんは。
住宅のインスペクションの分野では、
超有名な人。

国の諮問機関などにも
入っておられる。

 

わたしも一度だけ、
お会いして、名刺交換を
したことがある。

office-lens-20161022-185602.jpg.jpeg

 

資産価値を上げるリフォームの
ポイントは

耐震性能

省エネ性能

 

改めて言われると

当たり前となんだけどなと。

 

 

自分の会社では、常識でも
一般の方には、

貴重な情報なんだろうなと!

 

最近、うちの会社は、
耐震と断熱のリフォームばかりを
してる。

 

テレビ番組でそう言ってもらうと
皆さんの認識が変わるから

わたしにとっては助かる。

 

長嶋さんは、
さらっと
次のように言ってた (^-^)

「住宅の資産をあげるには、

 耐震リフォームした時の
 耐震設計した時の資料と
 工事の写真を保管して
 おくことが大切です。」

 

 

つまり、住宅の耐震性能を
適切に上げるための
耐震設計ができる業者に
工事を依頼しないと
住宅の資産価値が下がってしまう!

 

省エネ性能も同じで

住宅の省エネ性能を診断して、
適切にあげるための
断熱設計ができる業者に
工事を依頼しないと
住宅の資産価値が下がってしまう!

 

 

会社には、私ともう一人、
愛知県の耐震診断員がいる。

 

一宮市から依頼されて、
耐震診断に行くと

耐震補強しないまま、
見た目だけをきれいに
リフォームした家だったりする。

 

耐震補強するためには、
リフォームした部屋を
もう一度、
壊さなくてはいけないことを
伝えるのはつらいものだよ(^-^;…

 

もっと早くに、
うちに相談していてくれたらと思う!

 

うちでは、
もう一人の耐震診断員が
ずっと、耐震設計をしている。

 

そして、
エネルギーエージェント資格がある
わたしが、断熱設計を担当している。

 

もちろん、
二人とも一級建築士 (^o^)

 

安心・安全で快適な住宅を
求める人が増えてくるから

ますます、資産価値としては、
住宅の耐震性能や省エネ性能が
重要視されてくる。

 

 

まとめ

資産価値を上げるリフォームとは、
見た目だけでなく、
耐震性能や省エネ性能も
上げるリフォームです。

性能が上がった根拠となる
設計書があることで
住宅の資産価値が上がります。

 

耐震性能や省エネ性能の
設計をしないでリフォームをすると
住宅の資産価値を
下げることになりかねません。

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

ほぼ毎日、無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて相談したいのですが…

とお電話ください。

 

 

 

2030年基準の断熱性と
新鮮な空気が流れる
計画換気を備えた
耐震木構造の木の家
「木ごこちホーム」が
いまなら、
国から200万円の補助金を
いただけます。

本物の健康省エネ住宅で創って、
ご家族と健康的に暮らしたい方を
モニターとして募集しています。

申込み期限が迫ってきました。