こどもは、大人以上にアレルゲンの影響を受けるのを知っていますか?

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

一週間前に
「一宮まちゼミ」が
新聞に折り込まれました。

 

いわいハウジングでは、
3つのミニ講座を開催します。

  • いつまでも元気で
    活躍する人の住まいの特徴
  • アレルギーの子供も
    喜ぶ暮らしのヒント
  • 災害からご家族の命を
    守る住まいの考え方

 

その中の一つ、

アレルギーの子供も
喜ぶ暮らしのヒント」に

 

注文住宅雑誌から

取材の申し込み
ありました。

 

 

 

この講座は、

肝心の受講生が
集まっていない(^.^;…

 

皆さん、
3つの講座の中で

一番、聞いてみたいと
言われる割には、

この講座は、申し込みが低調!

 

取材に来られるまでに
申し込みが集まってくれると

嬉しいのですが...

 

 

こどもは、
大人以上にアレルゲンの影響を
受けるのを知っていますか?

 

子どもは、
食べる量や呼吸する空気に対して

体が小さいので

体重に換算すると
大人よりも高濃度の化学物質を
摂取しています。

 

 

医学的には
乳児は、有害物質から
神経細胞を守る

脳の働きが不完全

 

有害物質から身を守る機能が
整っていないため、

子どもは、大人より
リスクが高い
のだそうです。

 

 

乳幼児のころの
空気の質は、とても大切!

 

質の高い空気が
常に流れる空間をつくっています。

 

 

 

質の高い空気が流れる住まいに
ご興味があれば

住まいについて相談したいのですが…
とお電話ください。

ほぼ毎日、無料相談会を開催します。

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ
にほんブログ村
2030年基準の断熱性と
新鮮な空気が流れる
計画換気を備えた
耐震木構造の木の家
「木ごこちホーム」が
国から200万円の補助金を
いただけることになりました。

本物の健康省エネ住宅で創って、
ご家族と健康的に暮らしたい方を
モニターとして募集しています。