こどもは、アレルゲン濃度の高いところにいるのに気付いてますか?

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

 

お客様に木曾ヒノキのおもちゃを
プレゼントしました。

 

裏面には、
お子さんの名前が入ってます!

img_20161006_202654.jpg

こそヒノキのこのおもちゃは、
当社でも販売をしています。

積木専門店 わつみ

さんの商品です。

 

当社で
新築していないお客様に
このおもちゃを渡すときには、

とっても
気になることがあります。

 

床が傷つくのが
気になるわけではありません。

 

 

こどもは、
アレルゲン濃度の高いところに
いるのに気付いてますか?

アレルゲンや化学物質に対して

子どもは、
大人以上に触れる機会が多いです。

 

カビ・ダニ・ほこりなどの

アレルゲンは、床にたまります

 

 

化学物質も床に近いほど

高濃度
なっている可能性が高いです。

 

 

まだ歩けない乳児は、

高濃度のアレルゲンの空間
います。

 

 

 

乳幼児は
手や物を口入れる行動をします。

 

床をほふくした時に
手についた床のアレルゲンを

口に運ぶことが頻繁にあります。

 

 

大人が、
普段の生活の中でアレルゲンを
感じていなくても

 

子どもの周りには、
アレルゲンに
取り囲まれています。

 

 

特に乳幼児は
自分から症状を訴えることが
できないため、

親御さんが
早めに気付いて
対処してあげることが

大切です。

 

 

アレルゲンを減らすには、
換気性能と換気方法が
重要になります。

 

 

 

アレルゲンが減る住まいに
ご興味があれば

住まいについて相談したいのですが…
とお電話ください。

ほぼ毎日、無料相談会を開催します。

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ
にほんブログ村
2030年基準の断熱性と
新鮮な空気が流れる
計画換気を備えた
耐震木構造の木の家
「木ごこちホーム」が
国から200万円の補助金を
いただけることになりました。

本物の健康省エネ住宅で創って、
ご家族と健康的に暮らしたい方を
モニターとして募集しています。