家を建てる際は、ほとんどの方が住宅ローンを利用します。住宅ローンを利用するには、利用開始年齢が若いほど借入しやすいと言われていますが、40歳でも借りることができます。ここでは、40歳からでも審査に通りやすくなる方法や、住宅ローンを組む際のポイントについて解説します。

image 2

□40歳からでも住宅ローンは組めるのか?

住宅ローンは、20年から35年もの長期間にわたって返済していくものです。年齢が若ければまだまだ就労する期間が長いため、月々の返済負担額を減らして35年などの時間をかけて返済していくことができます。一方40歳以上で家を建てるとなると、例えば65歳で退職する場合は就労期間が25年と比較的短くなってしまいます。その分、月々の返済額を多く設定して、早め早めに返済していくことが求められます。これらの理由から、就労期間がこれから先長く安定して返済してもらえる若い人の方が、良い条件で住宅ローンを組める可能性があります。

しかし、お子さまが大きくなり、ある程度自立したタイミングである40代~50代で家を建てる方も多くいらっしゃいます。そのような方々も問題なく住宅ローンを借りることができます。40歳を超えたころから高額物件のローン審査は通りにくくなりますが、40歳以上になると収入も増えるので、審査の面で有利になることもあります。

□40歳からでも審査に通りやすくする方法

40歳からでも住宅ローンの審査に通りやすくするには、以下のようなポイントに注意しましょう。

*頭金を多くする

頭金を多くすれば、借り入れ額が少なくなるので、住宅ローンが通りやすくなります。借り入れ額が少なくなれば、それだけ短い期間で返済できたり、毎月の返済額が少なくなるので、家計を圧迫することもありません。また、頭金を多く用意すれば、資金に余裕があるとみなされるので、審査にも有利にはたらくでしょう。

*完済時の年齢を低くする 

住宅ローンは20年〜35年くらいで返済しますが、40代で借りるなら返済期間を短くして、完済時の年齢を低く抑えることによって、審査が通りやすくなります。例えば40歳であれば、定年退職が65歳とすると年金生活になる前の25年間で完済できるよう計画を立てることをおすすめします。

*住宅ローン以外の借り入れをなくす

これは年齢にかかわらずどなたにも当てはまりますが、住宅ローン以外の借り入れがあると、審査が通りにくくなります。そのため、40歳で住宅ローンを利用するなら、それ以外の借り入れを完済してから新築を契約すると審査に通りやすくなります。

*複数の金融機関を活用する

金融機関によってローンの条件が違うので、複数の金融機関の審査を受けるようにしましょう。金融機関ごとの条件を見比べて、自分に合ったローンを選ぶことをおすすめします。40歳以上で審査を受けると不利な面もあるので、本当に自分に合う住宅ローンを選ぶのは大切なことです。

□まとめ

住宅ローンの利用開始年齢は若いほど有利と言われていますが、40歳以上で組む人も少なくありません。40歳をすぎると若い頃よりも比較的収入が増える傾向にあるため、月々の返済金額を高めに設定できるようになります。月々の返済金額を高く設定できれば、返済期間を20~30年と短くでき、40歳を過ぎていてもローン審査に通りやすくなります。より有利にするには、頭金を多くすることで資金に余裕があるとみなされて審査が通りやすくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。