窓の大きさと位置を適切に設置できている秘密

こころとからだが喜ぶ暮らしを💕
住まいる先生 いわくにです☘

今日は、
新築住宅の設計を
していて、窓のシミュレーションを!

画像の中央にある窓の
太陽の当たり具合が気になって🎵

通風に
使う窓なんだけど、
西日が当たるので、
できるだけ小さくはしたい。

だけど、冬は、
太陽を入ったほうが嬉しいよね!

これが大変で、
冬は太陽高度が低いので
お隣の建物の影響を受けやすい。

冬に
家の奥まで日が届くのは、
太陽高度が低いおかげ
なんだけどね!

この画像は、
冬至の午後2時の状態を
シミュレーションしたもの(^o^)

窓を通常よりも
高い位置に設置することにした。

この高さにしたことで
この窓には冬でも太陽が
入ることが確認
できた \(^o^)/

西日が
入るのにもかかわらず、
なぜ窓を設置しようと
しているかというと (^.^)

部屋に
窓が2か所あると
窓を開けた時の通風量は
効果が10倍になる \(^.^)/

出典:YKK AP

西日の状況を
確認してまで
窓を設けたほうが
良いだろうと考えたのは、
通風が目的なんだ 🎵

不必要な窓を設けると
冬冷たくて、夏暑いから
マイナスしかなくなってしまう(;-;)

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です