エアコンの温度を28度にするのは間違い?省エネで健康に暮らすには

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

台風が去って、
一気に気温の上がり、

熱い中で
お仕事されてる方も多いのかな!

 

エアコンが
入ってる環境で
お仕事されてる方も
設定温度が決まられている
ところも多いのかな!

 

省エネだということで
設定温度が決められているのは、
環境省が以前に
発表した28℃なのだと思う!

 

以下は、環境省のホームページ↓

 

 

 

 

三菱電機ビルテクノサービスが
以下のような調査結果を発表した。

環境省が推奨するクールビズを
正しく理解しているのは23.8%!

環境省の推奨するクールビズは
『衣服を軽装にして、
室内温度(冷房時)を
28℃にすること』であると
正しく理解していた人は23.8%。

多くが
エアコンの設定温度と
室内温度を
間違えている結果だった。

 

 

ここでも
書かれている通り

環境酒が言ってるクールビズは、
室温が28℃に
なるように
すること

28℃でも
快適に過ごせるように
工夫すること

 

ちなみに
室温というのは、
部屋の空気の温度のこと!

 

エアコンメーカー
ダイキンの営業さんが来て、
ここは快適ですねって!

当社の
ギャラリーなんだけどね(^.^)

 

 

環境省は、
エアコンの設定温度を
28℃にとは、言ってないけど

設定温度は、28℃

 

実際の室温は、
28.9℃

 

なのに
なぜ快適な空間なのかというと!

 

体感温度が
高くないから

 

 

つまり、
同じ室温でも体感温度は
ぜんぜん違うってこと (^_^)

 

体感温度を
安定させるためには、
断熱性能を高めて、
熱が逃げないようにする
必要がある。

 

ポイントは、
建物の断熱性能!

断熱性能が低い
冷やしても冷やしても
熱くなってる壁や天井に温められて
部屋の空気は下がらない。

断熱性能が高い建物は、
床・壁・天井にテーブルなども
部屋の空気に近い温度になる。

 

だから、
室温と体感温度が同じって
とても快適なんだ!

 

環境省の言ってる
クールビズっていうのは、
体感温度が28℃になるような
建物にして、
省エネで快適な空間に
しなさいってこと (^.^)

 

ここまでわかっている人は、
先程の調査結果の23.8%より
ずっと少ないだろうね!

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。