2000年以前の建物を耐震補強するための検証法が発表された

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

新耐震木造住宅検証法が
公表されました。

 

国交省、「新耐震木造住宅検証法」を公表

 

5月16日、

2000年以前に
建築された木造住宅の
耐震性を検証するため、

国土交通省は、
「新耐震基準の木造住宅の
耐震性能検証法」
を公表しました。

 

(一財)日本建築防災協会が
とりまとめて
同協会ホームページで公開した。

 

建築基準法で耐震性については、
2000年に
接合部等の規定が明確化された。

しかし、
新耐震基準と言われる
1981年以降の建物でも
2000年以前のものの中で
熊本地震で
倒壊等の被害があった物がある!

 

今回の
「新耐震木造住宅検証法」は、
リフォーム等の機会に実施する
耐震診断よりも効率的な確認方法として
新設された。

 

今まで国は、
1981年以前の
建物のことばかり行ってきた。

 

実務に関わって、
実際に調査して見ると
2000年以前の建物は、
グレーだと思ってきた。

 

熊本地震で
2000年以前の建物には、
少し問題があることが
分かってしまった。

 

2000年より前に作られた
新耐震建物物を
耐震補強する時代がきた。

 

2000年より前に作られた建物でも
1981年以降の新耐震の建築物なら

1981年以前の旧耐震の建物よりは、
耐震補強が容易!

 

今まで旧耐震の建物は、
耐震補強の費用が
あまりにかかるので

耐震補強自信を
断念することも多かった。

 

新耐震の建物こそ、
耐震補強して
今後も長く使い続けるように
したいものです。

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。