専門外のことを素人の思い込みで記事にするのは迷惑です

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

 

最近、
夜中まで仕事をしています。

 

昼間にブログを
書こうと思うのですが、
仕事の追われて!

 

夜の11時を回って、慌てて、
今日のブログを書いています。

 

なぜ、夜遅くまで
仕事をしているかというと (^o^)

 

ゼロエネルギーハウスの
次の自然エネルギーを

取り込んだ住宅開発を
しているからです。

 

 

自然エネルギーを
取り込んだ住宅を
パッシブハウスと言います。

 

自然エネルギーを
取り込んで活かすには、

住宅の断熱性と
気密性能が必要です。

 

 

自然エネルギーを
活かして快適に暮らす取り組みを
している人は、

気密性能を高めるのが、
常識です。

 

気密性が高いと
換気をコントロール
できるようになります。

 

建物にすき間がいっぱいあると
換気ができてるなんていうのは
素人の思い込みです!

 

換気をコントロールできると

自然エネルギーを活かすことが
できるようになります。

 

湿気の管理も
できるようになります。

 

湿気の管理ができると
カビやダニをおさえることができます。

 

 

日経トレンディーで
「気密性高い家こそカビ増殖?
千葉大教授に対策を聞く」

という記事がありますが、
間違っています

 

 

カビの発生で
健康被害があるというのは
その通りです。

この記事を書いた
医学部の教授の言うとおりです。

 

しかし、
気密が高い家だと
カビが
生えるというのは、
事実ではありません。

 

気密性能が高いと
換気性能が悪くなるなんて

無責任なことを
言わないでほしいです。

 

わたしたち、住宅のプロは、
アレルギー症になってほしくないから
カビの発生しない家を
一生懸命、つくってる (`´)

 

住環境の素人が、
もっともらしくこんなことを
書くから、

本当に快適な住まいが、
日本では増えていきません。

困ったものです!

 

 

そうそう、
本題の戻して(^-^)

 

最近、
遅くまで仕事しているのは、

エネルギーを使わずに快適に暮らせる
ゼロエネルギーハウスの

次の
自然エネルギーを活かして
快適に暮らすパッシブハウスの

次の
更に自然エネルギーを
取り込む住まいの設計を
しているからです。

 

もちろん、
自然エネルギーを活かすだけの
基本性能の家を

20年近く前からつくってきたから
できるんです。

 

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。