暖房器具と家の造りのミスマッチは、悲劇の始まり

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

三月だというのに
今日も雪が降ってましたね!

 

まだまだ、
ストーブの出番が続くようです。

 

こんな囲炉裏があったら、
風情があってなんだか良さそうに
感じますよね (^.^)

 

 

囲炉裏がある部屋を
見てみるとこんな感じ!

部屋は、すき間だらけで
風が吹き抜けていきそうです。

 

今日のように
雪が舞ってたりすると

囲炉裏に炎が入っていないと
とても寒そう (^-^;…

 

を採るというのは、

火の熱エネルギーが
直接人に届く輻射熱という原理です。
火によって周りの気温が
高くなったからではありません。

 

その証拠に何かで遮られて
火の熱があたらなくなると、
途端に寒くなってしまいます。

 

空気を温めるストーブがない時代は、
家の造りはこれでよかった。

 

数十年前に
ストーブが普及することによって、
それに適した家づくりを
追及するべきだったんだけど、

アルミサッシを取り付けて
中途半端な気密化をしただけだった。

 

そんな事情で
未だに暖房仕様でない家で
無理やり暖房をしている。

 

部屋が全然温まらないのは、
熱が逃げて行ってるせい!

日本の家の95%は、
ファンヒーターやエアコンなどの
空気を温めるタイプの暖房器具に
適した家の造りになっていない。

 

暖房器具と家の造りは
セットで考えることが必要です。

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。