将来世代に継承できる良質な住宅とされているのは、わずか3.3%

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

今日は、
いつもとは反対方向の
電車に乗って、行ってきた。

 

 

岐阜文化センターで開催された
国土交通省主催の
「住宅の取得・改修に
関する支援制度等説明会」

を聞きに行ってきた。

 

 

大きな会場で
国土交通省担当官による説明が
次々に展開していく。

○ 対象者 :主に事業者向け
○ 開催日時・場所 :全国47都道府県で計47回(詳細は別紙1)
○ 説明時間 :2時間を予定(開始30分前に開場予定)
○ 主な内容 :1.ストック重視の住宅政策
   ・長期優良住宅化リフォーム推進事業
   ・既存住宅のリフォームに係る税の特例措置
   ・住宅ストック循環支援事業
   ・住宅ストック維持・向上促進事業 など
2.地域の木造住宅生産体制の強化
   ・地域型住宅グリーン化事業 など
3.建築物の省エネ化の推進
   ・建築物省エネ法
   ・補助制度
○ 講師 :国土交通省担当官

 

話についていくのが
やっと!

 

説明の中で
最初に気になったのは、
これ!

 

日本の
住宅6063万戸のうち

「将来世代の継承できる
良質な住宅」と
されているのが

200万戸という現実 (^-^)

わずか3.3%

 

 

これまでの
国土交通省の説明とは
違ってきている。

 

数年前までは、
耐震性の話がメインで
昭和55年以前の建物の
耐震性をいかに高めるかという
耐震改修の話をしてた。

 

この資料を
見ると

昭和55年以前の建物は、
解体を奨励する方向に
なってきている。

 

近年は、
住宅の省エネ性能も
課題になってきて、

耐震性がない住宅を
耐震性能と省エネ性能の両方を
改修しているより

建て替えたほうが良いことに
国土交通省も気づいたようだ(^_^;…

 

もう一つこの資料から
分かるのは、

優良住宅の要件に
バリアフリー」が
加わったこと!

 

これは、
介護保険の破綻を
見据えているのではないだろうか?

 

年を取ったら、
当たり前のように
老人ホームに入居しているけど、

これから益々増える老人の
全員収容できる老人ホームの
建設なんて、

どう考えたって無理!

 

その費用を
若者が負担していくなんて
もっと無理!

 

 

そのために必要なのは、

[省エネ住宅]

いつまでも元気で
病気になりにくい
住宅を作ること

省エネ住宅は、
病気の治癒力が
高い健康住宅

 

[バリアフリー住宅]

身体が
多少不自由になっても
できるだけ一人で
生活できる住宅

あなたが
年を取ったときのために

耐震住宅で
省エネ健康住宅で
バリアフリーの住宅を

あなた自身で
準備したほうが良いと
国土交通省も
言い始めたようです (^O^;…

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。