空き家を活用した住宅セーフネット制度が閣議決定された

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

 

2015年2月末から
空き家対策特別措置法」が
施行された。

建物があると
固定資産税の税率が
更地の6分の1になるのだが、

空き家と認定されると
更地と同様になり、
従来の6倍の税率が課せられる。

 

2014年7月に公表された
総務省の統計では、
全国に存在する空き家は
820万戸を突破。

 

空き家率は13.5%と
戦後一貫して
上昇を続けている。

 

その中には、
いわゆる廃屋になっていて、
倒壊の恐れがあったり、
ホームレスのたまり場に
なっていたりする住宅も
少なくない。

 

そんな「危険な空き家」を
減らすため、
この特別措置法が施行された。

 

空き家に関して、
新たな動きが!

 

2月3日に政府は、
新たな住宅セーフティーネット制度の
創設などを盛り込んだ
住宅確保要配慮者に
対する賃貸住宅の供給の促進に
関する法律の一部改正法案」を
閣議決定した。

 

 

民間の空き家や
賃貸住宅の空き室などを
活用して、

 

子育て世帯や
高齢者、障害者など、

収入が低く住宅確保に
配慮が必要な世帯
(住宅確保要配慮者)が
住みやすい賃貸住宅の
登録制度などを創設する。

 

新しく創設する登録制度は、
耐震性など建物の性能基準や

住宅確保要配慮者の入居を
拒まないなどの

要件を満たす賃貸住宅を
自治体が登録する制度に
なるそうだ!
制度創設に合わせて、
リフォーム工事費用や
家賃の一部を補助するために
来年度予算案に計上されている。

 

収入の少ない世帯に対する
セーフティーネットの意味合いは、
あると思うけど(^-^;…

 

いわいハウジングは、

耐震リフォームと
断熱リフォームに
長年、取り組んできた。

 

 

それは、
ご家族にとって価値のある家を
快適に安心安全に
暮らせる住まいにして、
次代に残すためのもの。

 

空き家になってる状況の家を
耐震性を現在の基準に高めるのは

費用面で見合うのだろうか(^O^;…

 

 

昭和56年以前に建てられた
旧耐震のたてもので
メンテナンスを

されてきていない住宅は壊して、

土地の有効活用をした方が良いと
個人的に思う。

 

 

住まいの断熱性能の違いで
健康状態も違ってくる調査を
実施してきた。

最近やっと、
多くの方に感心を
持ってもらえるようになった。

 

空き家を断熱改修して、
貸し出そうということ
なのだろうか?

 

今後の成り行きが、
注目される施策です (^O^)

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。