家族の気配を感じられる間取りが豊かな子供を育てる。

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

昨日のブログ
「家族のコミュニケーションが
良くなる住まい」で

 

吹抜けがあると良いと書いたら、
吹抜けがないとだめなのかと (^_^)

 

家族のコミュニケーションが
大切で吹抜けも
その方法という意味!

 

新築で吹抜けを
おすすめするのは、

空気の流れ的にも良いので、
一石二鳥ではあるけど!

 

家族の気配を
感じられる間取りが、
豊かな子供を育てる。

 

家族の気配を
感じる住まいづくりの方法
としては、

 

部屋の間仕切りを
最小限にして、

家族の姿が、
視界に入るようにする。

 

こうすることで
子供には、安心感が生まれる。

 

 

家事動線と子供や家族の動線が
重なるようにして、

自然と顔を合わせるようにする。

 

 

家族が集まるような
多目的の空間を複数つくる。

 

 

接触頻度を増やすことで
コミュニケーションが
より深まる。

 

 

子供だけじゃなくって、
大人同士でも
同じ効果がある。

 

 

家族間の
良いコミュニケーションを
生み出すには、
まずは、場づくりから (^O^)

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。