年月を経て、味わいの増す家と 劣化していく家!

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

日曜日でお休みなのですが、
朝一番で現場に行ってきました。

木曜日の夕方、
”給湯器エコキュートが壊れた”と
電話がかかってきた緊急案件!

 

金曜日に給湯器を手配して、
土曜日に設置と水道配管をして、
日曜日に電気接続をして
完了しました

 

メーカーが、
木曜日に修理にきて、
交換するしか方法はないと!

メーカーは、
一週間以上先にしか
取替工事はできないって!

 

この時期、
お湯がない生活は、辛いですよね!

 

だから、
お客様は、おお喜び \(^o^)/

 

 

もっとも、お客様というよりも
この家を一緒につくった同士のように
感じています。

 

だから、
ご家族に何かあれば、
駆けつけたい気持ちです。

 

これは、
わたしが携わった家に
住んでるすべてのご家族には、
同じ想いです (^-^)

 

こちらの高校生の娘さんに
最初に会ったときは、
2歳だったのを覚えています。

 

 

ちょうど、
お隣が、足場をかけて、
リフォーム中でした。

12年前、
ほぼ同時期に新築工事を
していました。

 

 

大手メーカー製のお隣は、
リフォーム時期を迎えて、

わたしが建てた方は、
12年の歳月を感じさせません。

 

 

お見せできないのが残念ですが、

室内も無垢の床(メープル)が、
味わいをまして、
木のぬくもりを伝えてくれます。

 

今回も
お客様に言われました。

給湯器のような機械は、
年月で壊れてしまうけど

建物本体は、断熱性能が良いので
光熱費も安いし、
温かいので健康に暮らせてる。

仕上げの素材もいいので
いつまでも色あせない。

やっぱり、
本物で良かったとつくづく思う!

 

見えない部分を
おろそかにしている家は、
結露やカビ・ダニで
内装の痛みも早いです。

 

年月を経て、
味わいの増す家と
劣化していく家!

 

その違いは、
本物の素材を使うことと
見えない部分を大切に
しているかの違いです。

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。