断熱性能を高めるだけでも ご家族にはメリットがいっぱい

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

 

国土交通省
スマートウェルネス住宅等推進事業の
あいち事務局の方が来られて、

チラシを置いて行かれました。

camerazoom-20161122152310095.jpg

今週の土曜日の
セミナーのチラシです。

 

わたしも何度か呼ばれて、
講演させていただいたことがある
あいち健康省エネ住宅協議会
主催です。

 

健康住宅の普及に向けて、
皆さん、頑張っておられるので

わたしも頑張らなきゃなと(^-^)

 

今回の講演は、
愛知医大の柴田教授
担当されます。

 

住宅を改善しないと
国民の医療費を削減できません。

特に東海地区は、
遅れているから (^o^;…

住まいで快適に
暮らす技術としては、

「温熱環境」
「換気性能」
「パッシブ性能」

があります。

 

換気性能やパッシブ性能は、
今のところ、
工事ができる工務店が少ないので
おいておくとして…

 

温熱環境だけでも
グレードを上げてやると
健康維持にとても貢献します。

 

温熱環境というのは、
住宅の断熱性能を上げて、
熱が逃げにくくすることでです。

断熱性能を上げることで
住宅内の温度差が少なくなって、
ヒートショックによる死亡や
寝たきりになるリスクが減ります。

 

 

また、結露が減ることで
アレルギーの原因となる

カビやダニの発生が減り
アレルギーのリスクも減ります。

 

下図は、
いわいハウジングの注文住宅
断熱性能推奨水準です。

 

既存の住宅を
改修するリノベーションは、
制約が多いので、
性能値をあげるのが難しいです。

 

最近は、リノベーションでも
2020年義務化基準相当が
出せるようになってきました。

 

ちなみに
2020年義務化基準というのは、

2020年以降の新築住宅は、
この基準以上の断熱性能がないと
建てることができません。

 

今日現在は、
義務化に向けた猶予期間で

多くの工務店が、
この基準をクリアするために
商品開発を進めています。

 

現在、建築中の
この基準をクリアしていない住宅は、

2020年になると
法律に適合していない住宅になります。

そのことをお客様に
説明してなかったりすると
大問題になると思うのですが (◎_◎)

 

 

断熱性能を高めるだけでも
温熱環境が良くなって、
ご家族にはメリットがいっぱいです。

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。