夏季休暇だからこそ、やって欲しい防犯対策!

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤

岐阜街道の材木屋 三代目 一級建築士

住まいる設計士いわくにです🎵

 

 

明日から夏季休暇という方も

多いのではないでしょうか?

お盆休み

窓を開けたまま過ごすことも多いこの季節

防犯について考えるにも良い季節です。

 

お休みでお出かけになられて、

留守にされる予定があるならなる

ならなおさらです。

 

泥棒が活発に活動するのは、

真夜中の寝ている間に侵入する「忍び込み」や

夕方、家族がLDKに集まっている間に

他の部屋に侵入する「居空き」が多いです。

 

これらは、家の人と鉢合わせをして、

暴行や脅迫につながるので怖いですよね!

空き巣

 

一戸建ての住宅の場合、

たいていは、窓から侵入してきます。

 

彼らは、まず、

1階のカギのかかっていない窓を探します。

 

2階の窓が開いていれば、

雨どいや配管、外に置かれた物置などを

使って、2階に上がります。

開け放した窓

カギをかけていないということは

泥棒に侵入のお墨付きを与えているようなものです。

 

 

カギのかかっていない窓がないと

泥棒は、窓ガラスを割って、

カギを壊すことを考えます。

 

侵入方法の8割は

カギのかかっていない窓と

ガラスを割った窓からです。

 

対策としては、

家の周りに砂利をひいて、歩くとが出る状況を!

センサーライトをつけて、人が通るとで知らせる。

通行人や隣人、防犯カメラなど、人目がある状況にする。

などです。

 

このお休みにご家族でご相談されて

砂利、センサーライト、防犯カメラなどを

設置されてはいかがでしょうか?

防犯砂利

 

センサーライト

防犯カメラ

 

そして、ご家族で対応できないことは、

ご相談ください(^-^)

 

 

泥棒は、侵入に5分以上かかると、

7割は犯行を諦めるそうです。

ガラス割り

私は、1階の窓には

防犯ガラスをおすすめしています。

 防犯ガラス

実際、防犯ガラスのおかげで

お客様の家に泥棒が入るのを

くい止めたことがあります。

 

ガラスは、割れても

中の樹脂フィルムを破ることができなくて、

カギを開けることができない状態でした。

 

保険で直されたんですけど、

防犯ガラスって、特注なので

新しいガラスが届くまで割れたままでしたけどね!

 

 

今朝も散歩に出たら

玄関前を掃除されていたお客様にあいさつしたら

相談があるって!

 

このブロック塀が傷んでいるから

どうやって、直したらいいって?

 

こちらのお宅は、

以前、「居空き」をされてしまって、

その対策も相談にのらせていただいて!

 

防犯の観点からも、ブロックを取って、

中が見えるフェンスにしましょうよ!

なんて話をしてきました。

img_a006312001_01

 

ずっと、皆様のお役にたって

信頼にこたえられて、いきたいものです。

 

 

では、また明日(‘ー‘)/~~