元気に活躍してる人が実行してる新月の習慣

こころとからだにあたたかな暮らしを(^O^)
木の住まい設計士いわくにです♪

今朝5時45分に
獅子座の新月を向かえました。

img_57a1a3e56d074

 

 

 

 

月の暦の上では今日が月の始まりです。
僕が、月の始まりにしているのは、
”新月の願い事”を
書くこと!

”願い事”と言っても神様への
身勝手なお願いではなくて、
これからの一か月間で成し遂げたい
自分の人間としての成長目標を
紙に書きだすのです。

三年半前ほど前にこっそり、
教えてもらいました。

元気で活躍している人は、
毎月ちゃんと目標を
書いているんだよってね!
それも新月に書いてるんだって

それから、毎月、月齢の1日、
つまり新月に書き出しています。
目標を書くってところがミソです。
ネットで検索すると
自分の努力目標ではなくて、

人任せな神頼みの書いてる人が
いますけど、大きな間違い
それでは、意味ないですよね!

自分の努力目標を書かなきゃね♪
というので、
一か月を振り返って、
なりたい自分を意識する
とても良い時間になっています。

 

もちろん、仕事の目標は、
別に書いていますよ!

目標として掲げて、
ずっと継続中なのは、
1999年に決めたやつ(^-^)

 

新築住宅に通知表が
あるのを知ってますか?

 

住宅の性能って、
多くは設計段階の数値で
評価されるんですが、
唯一、完成してから測定して、
評価を受けるものがあるんですよ!

それは、住宅に
どのくらいの隙間があるかを調べる
隙間相当面積C値と
いうやつです。

これが、新築住宅の通知表(^-^)

この数値を見ると
丁寧に作られた家かどうかわかって
しまうんです(^^;….

 

家の隙間が多いと
エアコンは効かないし、
風が吹くと砂埃は入ってくるし、
換気もできなくて最悪!

 

だから、みんなで隙間が少ない家を
創ろうって目標を立てたんです。
数値的には、社内の合格点は、
隙間相当面積C値で0.8c㎡/㎡以下にしようって!
これを決めたときは、
測定してる工務店すら周りになかった。

でも、隙間を無くすって大変なんですよ!

設計力も使う材料も職人の技術も
すべてがそろっていないと隙間は減らない。
隙間の性能を上げるのは、
全ての水準を上げる地道な努力が必要なんです。

15年間の努力の甲斐あって、
最近は、0.2c㎡/㎡ぐらいです。

150522-151914

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、テレビコマーシャルをしているような
量産型のハウスメーカーも測定するようになって、
2.0c㎡/㎡以下ですって、自慢しているから、
まだしばらく、
追いつかれることはなさそうです。

KM邸 117

 

 

 

 

 

 

でも、僕が創っているC値0.2c㎡/㎡の住宅が
必要な人は、

ずっと元気で活躍し続けたい人!
ご家族にアレルギーがあるような人!

なので、興味ない人には興味のない話です。
なぜ、
ずっと元気で活躍し続けたい人!
アレルギーがあるような人!
にとって、
こんな性能の住まいが
必要なのかという話は
また別の機会に

それでは、また明日