あまり知られていないけど、高血圧で病気になる人の特徴

こころとからだにあたたかな暮らしを(^O^)
木の住まい設計士いわくにです♪

昨日、減塩レシピで健康になるって番組を
親父が見ていた。
この番組は、腎臓の健康の話らしかったんだけど、
ラテ欄を見たら、塩分と血圧との関係も扱ってたみたい!

Facebookでも
同じようなのをシェアしてた人がいて
「塩をとると高血圧になる」のウソ。徹底的な減塩指導でも高血圧は治らなかった!間違った減塩健康法に
suio1

塩分の取りすぎると高血圧になると言われたのは、
昔の話

30年ほど前までは、
東北地方で高血圧の人が多くて、
塩辛いものを食べるからだなんて言われていた。

それが、どうだ!
今、心臓疾患や脳疾患の病気の人が
一番、多いのは、四国地方
その次が、
我々が住んでいる東海地方

東北地方の人が、
塩分を取らなくなったのかなって
住まいを創っている僕たちは、
気づいていたことがあるんだよね。

それは、東北地方の住まいが、
寒さを我慢するいえでなくなったということ

ということで
慶応大学の伊香賀教授の指導の下、いっしょに
住環境と健康の関連を調べる調査を
おこなってる。

名古屋大学で開催された健康住宅セミナーでは、
僕も伊香賀先生や愛知医大の柴田教授と共に
お話をさせていただきました

調査データは明かせないので残念なのだけど、
住環境と血圧には、関係があることtが
分かってきたよ

北海道では、真冬に家の中では
半袖で、アイスクリームを食べる暮らしをしてる。
これが、世界の常識

日本人ってさ!
我慢が美徳なんて思ってて、
寒さを我慢して、高血圧になって、病気になって、
健康寿命、短すぎ
世界的には、非常識

去年なんて、風呂でヒートショックを
起こして亡くなった人が
交通事故の4倍の19000人なんだよ!
死ななかったけど、
病気になった人なんて数えられない

こころとからだが喜ぶ暮らしをしようよ
そのためには、住まいも世界基準にしないとね

ちまたでは、ゼロエネルギーハウスZEHなんて
すごい家のように宣伝してるけど、
僕は、あれが最低基準だと思ってる。

多くの工務店では、
ゼロエネルギーハウスのつくり方なんて、
セミナーに行くのが大流行!
その人たち、勉強した気になってるけど、
遅すぎだよね

僕が設計している住まいは、
ゼロエネルギーハウスZEHの
2グレード上のHEART20 G2基準
このグレードを、
コストをおさえてつくることに成功してる

暮らす人にとっては、
快適で健康的であれば、いいんだけどね

でも、その話をしたのは、このグレードで
1棟当たり 200万円の補助金を確保してあるんだよ
先ほど、書いた健康調査に協力してもらうのが
条件なんだけど

興味があったら、
「200万円の補助金のこと、教えてって」
電話してね!
世の中は、行動した人のみが得をする

では、また、あした