気候風土にあった家?

20150515

心と体にあたたかな暮らしを🌀無垢ソムリエ・一級建築士のいわくにです。

気候風土にあった家をつくった方がよいですよ!というと伝統的な作りの家屋がよいと勘違いされる人がいる(^_^)
冷暖房を使わない伝統的な暮らしがしたい人には、最適です。

昭和の時代の暮らしの問題は、冷暖房仕様になっていない家でストーブをいれてたこと。
部屋の酸素を使って、温めた空気は、部屋の上に溜まり、人の頭だけを温める。足元は、冷たくて、人は体調を崩す。

冷暖房仕様になってるのか怪しい家を建ててる人が未だに多いのは、気になる。

いただいた花を住まいるギャラリーに飾ったので撮りました。花のいい香りがしています。
ギャラリーは、60年前の建物で見た目はこんな感じですが、冷暖房仕様に改修しています。
やっぱり、快適♪

気候風土にあった冷暖房仕様の家で健康的に暮らして欲しいと願ってます。

シンプルでエコな暮らしが僕は好き(^_^)
今日も笑顔で行ってきます\(^_^)/