高断熱で無垢の床材を環境だとインフルエンザの罹患率も低い。

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

 

3年前に建てた
長期優良住宅のお宅を
訪問した。

 

長期優良住宅基準の
断熱性能のお宅になっている。

 

こちらの家庭では、
まだ、若い方ばかりなので
問題はないが、

住まいは、
数十年後のことも考えて
計画する必要がある。

部屋の断熱性が高いと
認知症の予防にも効果がある。

 

これは、若くても
脳の活性化に良いということ!

 

冬場に多い
心筋梗塞や脳卒中による
死亡事故は、

ヒートショックが
原因とされ、
住まいの断熱性を
上げることで
防止効果が期待できる。

 

さらに、
断熱性を高めることで
冷えや肩こり、
腰痛、高血圧にも
改善が見られる。

 

脳の萎縮を抑え、
認知症予防にも
つながるという研究結果が
報告されている。

 

 

無垢の木の床が
味わいを増してきている。

床が暖かいだけで
人は、よく動き、
活動量が増える。

 

とくに、床の素材が
活動量に影響していることは、
複数の幼稚園での調査でも
検証されている。

 

高断熱で
無垢の床材を使った
幼稚園の園舎にいる園児は
インフルエンザに
かかる率も低い。

 

住まいと
園舎の両方が
高断熱で無垢の床材だと
更に、
インフルエンザに
かかる率が低い!

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。