ローコストで「自然素材の家」を建てたいという方にお薦めしたい調湿壁紙

調湿性能が求められる温暖化時代の理想的な「機能壁」とは…
これから地球温暖化がますます進行していけば、暮らしの中で大切になるのが湿度といかにして付き合うのかということです。
温暖化が進めば雨が降ることが増え、必然的に湿気も増えるので室内の湿度も上昇しがち。
リビングやダイニングはもちろん、納戸などでも湿気は大敵。カビやダニの発生ずる原因でもあります。
そのような最悪な気象変化が予想されますが、もしも壁面全体が湿気を吸放湿してくれる機能壁だったらいかがでしょう?
湿気が多い梅雨から夏にかけては吸湿し、過乾燥になりがちな冬は放湿することで、一年を通して調湿を行い、室内を一定の湿度に保ってくれるので不快感がありません。

調湿壁紙
ローコストで「自然素材の家」を建てたいという方にお薦めしたい調湿壁紙も用意しております。

自然素材を使った家づくりに興味のある方が増えていますが、仕方なくビニールクロスにするという方もいらっしゃいました。
コストを低減しながら自然素材の家を建てることができるのでお薦めです。
左官職人が施工する塗壁のザラザラとした質感で仕上げた調湿ペーパーですから、質感とともに、高調湿という具体的な自然素材の効果まで実現しているのです。

消臭性能もあるので、ペットとの共生にも最適です。
また、素材のベースはペーパーですから、もしペットが引っ掻いて破れた場合は、その面を張り替えればいいのでカンタンに補修することも可能です。