地球を元気にするために蓄電池の普及活動を始める

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目
住まいる先生 いわくにです🎵

 

先日の
エネルギーエージェント
資格者のための勉強会で
2020年問題が話に出ていた。

 

2020年問題の一つに
太陽光発電のことがある。

 

太陽光発電の買取価格は、
年度ごとに見直されている。

買取期間は

住宅用(10kW未満)は10年
産業用(10kw以上)は20年

となっていて

買取期間が
終了するその日まで
契約した買取価格が
適用される。

では、
その期間を過ぎたら
どうなるのか?

 

 

期間が
終わったからといって、

その後の買取価格が
ゼロになるわけではない。

 

買取期間終了後は、
発電事業者と電気事業者で
買取価格が決めることになってる。

 

この制度が
始まったのは2009年。

 

なので、
2019年には
買取期間を終える人が出てくる。

 

2009年に
契約した買取価格は
1KW当たり48円。

 

10年間の契約以降の
予想買取価格は、

1KW当たり
11円程度になりそうだ。

 

 

これでは、
確実に買う電力の報が高くなる。

 

だから、
自分で使ったほうが得になる。

 

そこで
注目されているのが畜電池

余った電力を
売らずに貯めて、
全量を自分で使う。

 

売電価格が
11円というのは、
低すぎるような気がするが、

これは、
どうやら、蓄電池を
普及させるための政策らしい

 

2020年は、
蓄電池が
普及する最初の年になりそう

 

2020年までに
蓄電池の設置工事が
できるように準備を
整えておく必要がありそうだ!

 

地球環境を考えれば、
今後も太陽光発電を
増やす必要がある。

太陽光発電が、増えると
昼間の電気が余ってくるので

昼間の余った電力を
夜間に回すのには、
蓄電池の普及は欠かせない。

 

蓄電池の普及は、
異常気象の元となっている
二酸化炭素を減らすために
とても良いこと (^O^)

 

地球を
元気にするために


蓄電池を
普及させる活動を


2020年には
うちの会社も
本格化させる(^_^)

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です