注目の「中古住宅購入+リノベーション」を成功させるヒント

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤

岐阜街道の材木屋 三代目 一級建築士

住まいる設計士 いわくにです🎵

 

台風が、

近づいてきているようですが、

今日も暑い日が続いています!

いかがお過ごしでしょうか♪

 

今朝、日経新聞の一面が

20160821中古住宅購入に補助

中古住宅購入時に補助」でした。

一般の方からも

関心を持たれ始めたようなので!

 

良い中古物件を

手に入れることができれば、

新築住宅を建てるよりも

経済的には有利です。

 

住宅をすでにお持ちの方も

資産価値を維持していれば、

売却できる時代が来たことを

意味します。

 

なので、今日は、

中古住宅取得+リノベーションの

ポイントお届けします。

 

 

現在、日本では、住宅取得は、

新築が当たり前です。

 

これは、新築を建てくれた方が、

経済効果が大きいため、

政府が、政策的にその方向に

誘導していた側面があります。

 

しかし、住宅新築は、多くの

二酸化炭素の排出量するため

政府も政策の転換に迫られています。

 

温暖化ガス削減が地球規模で

叫ばれている状況では、

日本も諸外国にならって、

中古住宅の活用も

進める必要があります。

 

新聞の紙面では、

空き家対策としていますけどね

f(^_^)ぽりぽり

 

先週も

先生、中古住宅の良い物件を

見つけたので実際に見てください。

って電話があって、

現地に車で連れて行かれました。

 

外から見て、一瞬で

「ああ、残念!」

って言いてしまった物件でした。

 

売却価格が安いだけの物件でした。

 

良い物件かどうかを判断する

一つ目のポイントは、

屋根・壁の状況です。

 

中でも、雨漏りの状況は、重要です。

仮に雨漏りをしていても、

屋根材を変えるだけで直せれば、

問題ありません。

 

長年、雨漏りを放置して、

屋根裏が腐っているものは、アウトです。

こんなのは、検討する価値もありません。

 

国の政策もあるのかもしれませんが、

使い捨てのように扱われてきた

住宅も少なくありません。

 

昔の日本人は、

住宅を資産として、維持努力を

していただと思います。

 

高度成長期以降、中古住宅に

価値はないと言われて、

住宅も使い捨てられてきました

 

国の政策変更によって、

中古住宅を大切にしろと

急に言われても無理です。

 

購入をお考えの方は、

資産として維持する努力の

されていない物件は、

選択肢から外してください。

 

だから、新聞紙面では、

空き家対策なんて書かれていますけど

資産価値のない空き家なんて、

朽ち果てさせるしかありません。

 

自治体も朽ち果てさせるしかない

物件は、解体を促す方向に

動いているんですけどね(^^;….

 

 

中古物件を購入される場合の

二つ目のポイントしては、

中途半端に

リフォームされていないものを!

 

中古物件を探すと

「リフォーム済み即入居」

なんてのが書かれていますが、

やめたほうがよいですね!

 

このような物件は、たいてい、

不動産会社が、販売価格を

上げるために見た目を

良くする目的で

リフォームされたものです。

 

これからそこで暮らす人の

安心・安全や快適性に配慮された

リフォームではありません。

 

これから長年そこで暮らす場合、

購入時に耐震性を高めたり、

断熱性を高める改修を伴った

リノベーションをするのが、

合理的です。

 

将来、売却する場合にも

資産価値として残るので有利です。

 

リノベーションをするときに

リフォームされている部分も

壊して、やり直すことになります。

 

リフォーム費用が上乗せられた

見た目だけのよい物件は、

家族の健康的な暮らしや

安心安全には、関心のない人には

いいのかもしれませんがね(^o^;…

 

中古物件の見極め方としては、

耐震性能から見た場合や、

断熱性能から見た場合の

おすすめポイントがあります。

 

これらは、また別の機会に

 

 

これからは、中古住宅を有効に

活用する時代が来ます。

 

地球環境の観点から避けて

通れなくなってきた政府も

いろいろな施策をしてきます。

 

新聞に掲載された

50万円の補助金だけでなく、

一般的に公表されていない

補助金もあります。

ご興味あれば、

お問い合わせください

 

 

もう、お気づきでしょう!

これからは、住宅を所有されている

皆さんにチャンスがきたのです。

 

現在、所有の住宅を適切に

維持していけば、

高額に売却できる時代が来たのです。

住宅をより有利な資産形成に

活用してください

 

 

では、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ
にほんブログ村

住まいる設計士いわくにのブログ