省エネ・健康住宅の現場見学は見どころいっぱい

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目
住まいる先生 いわくにです🎵

 

本日、
工事中の
省エネ・健康住宅の見学に
来られたのはこの方!

 

台風が
接近してると言うのに
どうしても見てみたいって \(^o^)/

 

金利の安さよりも
住宅ローン返済額
と光熱費の合算で
考えないといけないことを
説明した。

いくら
建設費や金利が安くても
光熱費が掛かって、
健康的でない家は、
高い買い物なってしまうからね!

 

会社に移動して、
資料を元に更に説明した。

 

いつものように

無垢材の床材と
塗装品の床材と
工業製品の床材に

触れてもらって
違いを感じてもらった。

触れてもらって、
長所短所を説明すると

誰もが、
家を建てたり、
リフォームするなら

無垢材にワックス仕上げで
決まりだねって(^.^)

 

無垢材の床というのは、
丸太を製材して、
床材の形に仕上げた天然木材。

 

木の温もりを
感じる自然素材

 

天然木本来の
風合いを持ち、

室内の湿度を
調整する働きもある \(^.^)/

 

ここに
塗るワックスと言うのも自然素材。

 

現在、2種類から選んでもらってる。

ひとつは、米糠(ぬか)から
抽出された天然素材のワックス
昔から日本人は、
米ぬかで無垢の床を磨いていた。

 

もうひとつは、蜜蝋ワックス
ミツバチの巣の蝋(ロウ)分を
えごま油で溶いたワックス。

 

自然素材の無垢の木を
自然素材のワックスで

仕上げるからとても安全!

 

小さなお子さんがおられると
床が天然素材であることは、
大切なことかもしれない。

 

僕がお薦めしている
省エネ・健康住宅の大きな特徴は、

体感温度が安定していて
暑さ寒さでストレスを感じない
高断熱の家

窓を開けていなくても
常に適切な量の空気が流れる
高気密性の家

自然素材の
無垢床で仕上げられた
自然素材の温もりで
リラックスできる
自然素材の無垢床の家

とりあえず、
この三点が基準以上ならば、
ご家族は、
健康で快適に暮らせる。

 

実際に見学されて、
実物を手にしてもらうと
本物の良さが分かってくる。

違いが分かってくる。

 

この方も
一冊の本の中の
データをお見せしたら、
真剣に読まれてた o(^o^)o

 

僕は、
データに基づいて
ご家族と地域と地球が
元気になる家を提案してる\(^-^)/

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。