長期優良住宅が標準仕様‎なので、優遇制度が受けられる

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

土曜日なので
新築のお客様とお話をしてました。

 

そこで話が出たのが、

あえて住宅ローンで借りたほうが、
住宅ローン減税でお得なのかな!
という話

 

住宅ローン減税制度と
いうものがあります。

住宅ローン控除とは
住宅ローン年末残高の1%相当額を
所得税・住民税から
10年間控除する(引く)制度
です。
住宅ローンが
0.6%の金利で借りられて、

ローン残高の1%分の減税を
受けられたら、

その差の0.4%がプラスになります。

 

その年に控除される税金の最大額は、
所得税+住民税(上限136,500円)
です。

 

その年に全額控除される
借入限度額は
(所得税+住民税(上限136,500円))
の100倍

 

所得税+住民税(上限136,500円)が
29万円の人が、

住宅ローン残高が 2900万円だと
29万円全額が控除されます。

ただし、
住宅ローン金利が0.6%だと
金利に18万円かかります。

実質的に得になるのは、
11万円ということになります。

 

通常、
借り入れをしない場合には

住宅ローン減税は
適用になりません

 

しかし、
長期優良住宅、
もしくは、低炭素住宅の認定を
取っている場合で

現金購入の場合は、
「投資型減税」制度が
適用になります。

投資型減税の条件は
下記の通りです。

長期優良住宅や低炭素住宅に対応した減税措置
現金購入の場合に利用可能
1年で控除しきれない場合は翌年の所得税からも控除

詳しくは、下記で
http://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/investment.html

 

投資型減税の控除額は、
申請床面積 x 43,800円 x 10%
になります。
最高限度額は、65万円です。

 

つまり、
総床面積40坪(132㎡)の建物は、
控除額は、578,160円になります。

 

長期優良住宅とは、
長期にわたり住宅を良好な状態で
長持ちさせるために
必要な基準を設けておき、
その基準をクリアしたもの
で、
平成21年(2009年)6月に
施行された
「長期優良住宅の普及の
促進に関する法律」に
基づいています。

長期にわたりというのは、
新築時の建物プランにおいて
長期的に良い状態を保つことが
できるものです。

 

長期優良住宅の減税の特例は、下記で
”http://www.mlit.go.jp/common/001157423.pdf”

 

私が設計する全ての建物は、
長期優良住宅の基準を
満たしています。

長く住める家です。

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。