今年の冬は、寒かったと感じるのには、理由があります。

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

昨日15日は、
月刊ファミリーの発行日

 

わたしのコラム
「住まいる考」もいつものように
掲載されています。

 

丹陽生涯教育振興会の
みつい 禮会長が記事を
スキャンしてFacebookで
紹介してくださいました。

 

なので、その話題を \(^o^)/

住まいる考No.123
「今年の冬は、寒かったと
感じるのには、理由が!」

 

このコラムのネタは、

わたしが、調査に協力している
国土交通省の住環境と健康の関連を
調べる調査の中間発表からです。

 

わたしが、
このコラムを出稿したのは、
1月23日!

国土交通省から発表されたのは、
1月30日!

 

発表前に資料をいただいてたので
書けたのですが(^O^)

 

国道交通省から
中間報告として発表されてから
問い合わせが殺到しているそうです。

 

いろいろなメディアでも
取り上げられていますが、

 

日刊木材新聞さんが、
2月9日に一面を割いて、
詳しく、掲載されました。

 

 

内容としては、

起床時の室温が低いほど、
血圧が高くなる傾向がみられ、

高齢者ほど、
室温の低下による血圧の上昇が
大きいことが確認されました。

 

調査データでは、
冬期の朝に室温が10℃低い場合には、
血圧が7.3mmHg高く、

年齢が10歳高齢になると
8.8mmHg高くなっています。

 

つまり、年齢が高いほど、
冬の寒さで血圧が上がるようになります。

 

また、断熱改修によって室温が
上昇することで居住者の血圧が
低下する傾向も確認されました。

 

今年の冬、
寒さが辛くなってきた方は、
次の冬に向けて、

対策を立てておかれることを
おすすめします。

 

 

取材の殺到ぶりを聞くと

 

これからは、

健康・省エネ住宅が
認知されてくる予感を感じます。

 

わたしも
長年、取り組んできてよかったなと

 

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。