アレルゲンを減らすためには、気密性を高めて換気する

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

新穂高山荘の露天風呂で
日頃の疲れをと
さっぱり流してきました(^o^)

 

帰りにせせらぎ街道の
COFFEE「でごいち」で
お茶してきました。

img_20161010_155823.jpg

 

ここでお茶するのは初めてです。

 

大学合唱部の同期の坪井君が、
ツーリングの途中で
いつも立ち寄るというので!

 

お茶してみることにしました。

 

世間は狭いもので
オーナーは、3月まで
一宮市に自宅があったって!

 

お宅の近所のTさんは、
釣り仲間だよ! だって(^O^)

img_20161010_154455.jpg

img_20161010_153217.jpg

 

ログハウスに、まきストーブ
とっても素敵です!

北欧やカナダなどの寒冷地で
暖かく暮らす住宅として
進化してきたログハウスは、
日本でも
北欧の気候風土の近い寒冷地なら
快適だと思います!

 

 

しかし、
夏に半端なく湿度が上がる
尾張地方でログハウスを建てると
維持管理が大変そうです。

 

やっぱり、
その土地の気候風土に
合った住まいが良いですよね!

 

 

アレルゲンを
減らすためには、
気密性を高めて換気する

 

昨日のブログ
誤解している人が多い、アレルギー症状と住環境の関係

 

冷暖房仕様の住宅の話を
書きました。

 

人にとって都合の良い住宅は、

一年を通して、
建物全体の温度は25℃で
湿度は40~60%を維持しつつ、
室内空気が2時間で
全て入れ替わる住宅なのです。

 

こんな住宅ならば、
アレルゲンは減少するし、
こころとからだが活性化します。

 

それを実現するポイントは、
換気性能の良しあしです。

 

建物の内と外を障子の紙一枚で
仕切られていた昔の建物は、
自然に空気が出入りしていました。

 

 

それが、ガラス窓になり、
アルミサッシになり、
中途半端に気密性が高くなり、
自然には、
空気が入れ替わらなくなりました。

 

換気扇で強制的に
空気を入れ替えないと無理なのです。

 

 

 

こんな感じで
強制的に部屋の中の空気を入れ替え!

 

 

しかし、中途半端な気密性の住宅は、

 

換気扇を回してもすきまから
空気が入ってくるので
部屋の空気は、
あまり入れ替わりません。

 

 

%e6%b0%97%e5%af%86%e6%80%a7%e8%83%bd%e3%81%a8%e7%b5%a6%e6%b0%97%e9%87%8f1

 

この資料によると

現在主流と思われる
アルミサッシ付在来木造(気密値5)は、
換気扇の能力の15%ぐらいしか、
部屋の空気が入れ替わりません。

 

高気密住宅(気密値1)ですら、
換気扇の能力の50%しか、
部屋の空気は入れ替わらないのです。

 

いわいハウジングの気密値の
社内基準は、15年前から0.8以下。

そして、最近2年間の平均値は0.2す。

 

0.2ならば、90%の空気が入れ替わります。

 

このぐらいになると
住居内の換気ができていることを
感じられるようになります。

 

 

アレルゲンが減る冷暖房仕様の住まいに
ご興味があれば

住まいについて相談したいのですが…
とお電話ください。

ほぼ毎日、無料相談会を開催します。

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

2030年基準の断熱性と
新鮮な空気が流れる
計画換気を備えた
耐震木構造の木の家
「木ごこちホーム」が
国から200万円の補助金を
いただけることになりました。

本物の健康省エネ住宅で創って、
ご家族と健康的に暮らしたい方を
モニターとして募集しています。