健康寿命を意識されていますか?

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤

一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士

住まいる設計士 いわくにです🎵

 

先日、中日新聞で健康寿命

取り上げられていました。

 

元気に活躍したいと思っている人に

とっては、年寄の話でしょ!って

思われがちです。

 

しかし、

いつまで元気でいられれば、

人生設計がより豊かになります。

 

いつまでも活躍したい人にとっては、

とても大切なことですよね(^.^)

 

健康寿命を長くするためのヒントを!

健康寿命

 

平均寿命が話題になることは、

多いですよね。

しかし、意外に話題にならないのが

健康寿命!

 

健康寿命とは、

健康上の問題がない状態で

日常生活を送れる期間のことです。

 

img_20160821_175354.jpg

先日、オリンピックのあった

ブラジルに比べると

10年ぐらい健康寿命が

永いです。

 

日本人は、それだけ、長い期間

活躍できるということなのです。

幸せなことですね!

 

しかし、残念なのは、

介護が必要な期間の長さ!

平均寿命と健康寿命の差は、

女性で約13年、男性も約9年も

あります。

つまり、

女性で約13年、男性も約9年の間は、

介護をうけながら、生きていくわけで

とても、人生を楽しむとは言えません。

 

日本中に介護施設が

いっぱい、できているのに

まだ、足りないという状況です。

そのため、日本の財政は、

パンクしかねない状況です(^^ゞ

 

要介護の要因を見ますと

脳血管疾患(脳卒中)が24.1%

次が認知症の20.5%です。

その認知症の原因の30%も

脳血管疾患(脳卒中)です。

全体的の3分の1が脳卒中になります。

その他に心疾患が3.2%あります。

img_20160821_174837.jpg

脳卒中や心疾患は、

風呂場や冬場の廊下など

大きな温度差のある場所で

発症することが多く、

その健康被害は

「ヒートショック現象」と

呼ばれるようになりました。

 

健康寿命は、住まいが

大きく関係しているのです。

 

住宅中の温度差による

ヒートショックによって、

昨年は、19000人が亡くなりました。

これは1年間の交通事故死亡者数の

4倍を超えます。

 

そして、死亡には至らないまでも

ヒートショックによる

脳卒中や心臓疾患によって

こんなにも多くの人を

介護が必要な生活にしてしまいます。

 

介護の生活は、ご家族の負担も重く、

金銭的な負担も重いです。

国の財政的な負担も重いです。

 

 

多くの住宅が、

温度差のない住宅になることで

多くの人が、いつまでも元気に

活躍していただけることを

願っています。

 

それが、わたしの願いであり、

わたしの役割です。

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

住まいる設計士いわくにのブログ

”こころとからだが喜ぶ暮らしを”