満足度の高い暮らしをする住まいのポイントは

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

昨日のブログの
ペレットストーブの話でも
書いたのですが

いわいハウジングは、
もともと、材木店です。

いまは、
建築事、設計事、材木

工務店です。

 

本来の工務店って、
こういう意味だったはずですが (^-^)

 

それはさておき、
もともと材木店である
いわいハウジングは、

木の良さにこだわっています。

 

特にこだわっているのが、

住まいの

 

 

床が心地よい家は、
居心地が良い!

 

居心地の良さは、
足裏から\(^o^)/

 

素足で暮らしたくなる
床を追求しています。

 

お客様のところを訪問して、
暮らした感想を聞くと
言われるのが、

床が心地よいって!

 

スリッパを
使われない家庭が多い。

裸足の人も多い。

お子さんは、
床の上に寝そべるのが好き。

 


素足でいると
心も解放されて、
とても気持ちの良いと思います。

人と住まいが接しているのは、

床の満足度が高いと
住まい全体に
対する満足度が上がります。

足の裏を通して、
床と常に接触しています。

 

だから、
床に触れた感じが
とても大切になります。
床材とその仕上げが
とても重要なのです。

 

 

そして、触れ心地の良い床が
冷たくては、台無しです。

 

 

体温の多くは、
蒸発、対流、ふく射によって奪われます。

 

足裏は、面積の小さいのに
体温の26%が熱伝導によって
奪われているのです。


したがって、
冷たい床は、ストレスです。

部屋の空気の温度を高くしても
床が冷たいと
体感温度が低いままなので

暖かく感じません。

 

 

床から暖かな空調が理想です。
理想的な方法は、
床下エアコン方式による
全館空調です。

 

この方式は、
光熱費が高いわけでなく、
設置費用が高いわけでなく、

これから
普及していくでしょうね!

 

 

まずは、
常に触れていたくなる
感触の床にしたあとの話ですが

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。