子どもには、 床材の違いによる影響が大きいのを知ってますか?

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

 

外は、雪が降りそうですが、

寒いからって、
家の中でも靴を履いてるって
ことないですよね?

 

日本の暮らしの
特色の一つが

家の中では靴を
履かないことです!

 

欧米では、家の中でも
靴を履いてます (^-^)

 

本来、日本人は、
裸足(はだし)で過ごす
快適さを満喫してきたのですが!

 

いつの頃からか、
洋風化が進み、
合板の床材が主流になりました。

 

材木屋である いわい では、
無垢の床を薦めてきました。

 

はだしで触れたときに
心地よい無垢の床材です。

 

無垢材と言って、
市場に出ている商品の多くが、
表面に塗装がされています。

 

塗装の無垢床では、
全然、心地よくありません。

 

だって、
はだしの足が触れているのは、

天然の木では無くって、
化学樹脂!

 

天然木に温もりを
感じる人は、多いけど、

化学製品に温もりを
感じる人は、いないと思う。

 

化学樹脂は、木材よりも
熱伝導率が高いから、

塗装した床材に触れると
冷たく感じる (^.^;…

 

 

はだしを好む子どもは、
床材の違いの影響は大きい。

 

京都教育大学付属小学校で
行われた研究によると、

 

裸足で過ごすことで
「背筋力が強くなる」
「土踏まずの形成率が高まる」
「足指の運動能力が高まる」など、

身体的な発達が
促される効果が見られたという。

 

全国の幼稚園や保育園、
小学校などで実施されている
はだし教育では、

足裏を刺激することで、
脳が活性化する効果なども
認められています。

 

子どもの体育・知育に
期待できることは大きいです。

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。